初心者向け!IPアドレスって何?

大阪・西宮・神戸のパソコントラブル等のITトラブルサポートのアスモチ(株)のハカセが大阪市中央区のアスモチ大阪オフィスからお届けします。

こちらの人気記事も是非ご覧ください。
Windowsのパソコンでできるちょっとしたとても便利な機能【デスクトップ画面の一発表示等】

今回はIPアドレスについてお伝えします。
普段インターネットをしていて目にすることが多い単語です。

インターネット網

IPアドレスはインターネット接続の基礎知識であり、様々な場面で使われますので知っていて損はありません。
初心者の方にもわかりやすくご説明していきますので、是非この機会に理解して頂けたら幸いです。

【IPアドレスの基礎知識】

IPアドレス(Internet Protocol Address)とは、インターネット上で接続された機器が持つ「識別番号」の事です。

データをやり取りする際に、ネットワーク上で通信相手を間違わないようにするために使用されます。
「インターネット上での住所」のような役割と思ってください。

IPアドレスは、大別すると「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)」に分かれます。

【グローバルIPアドレス】

世界中でたくさんのパソコンやスマートフォンがインターネットに接続されています。
ネットワークというのは、パソコンやネットワーク機器、サーバーなどが網の目のようにつながっている状態です。

IPアドレスは、こうしたパソコンやネットワーク機器などに付けられた識別番号です。

IPアドレスは固有のものであり、住所や電話番号のように世界中で同じものはありません。
このIPアドレスがあるため、膨大な数のユーザーの中から相手を間違えずにデータを送受信したり誰がホームページにアクセスしているかがわかるという訳です。

グローバルIPアドレスは基本的にインターネットプロバイダと契約して使用を開始した時点で割り当てられます。
プロバイダについてはこちらの記事でご説明しています。
初心者向け!インターネットの仕組み

グローバルIPアドレスには、それが固定されているか否かにより「動的IPアドレス」と「固定IPアドレス」に分かれます。

・動的IPアドレス

グローバルIPアドレスはプロバイダにより定期的に番号が変わる場合があります。

番号が変わるタイミングは契約しているプロバイダによって違いますが、普段私たちが使用しているのはほとんどがこの番号が変わる動的IPアドレスになります。

例えばネットバンクなどで普段と同じ様にログインしようとして、「秘密の質問」などを聞かれることがありませんか?
これはIPアドレスが変更されていると起こる現象です。

・固定IPアドレス

ホームページの公開サーバーやメール送受信のためのメールサーバーなど、接続のたびにIPアドレスが変わっては困るような場合には固定IPアドレスが利用されます。

また、固定IPの場合はどこの誰が接続しよとしているのかが分かるので、通信相手を限定して接続を許可するような使い方もします。
例えば社内サーバーではなくクラウドで業務システムを運用している場合、不特定多数からクラウド・サーバにアクセスされて中を見られたら困るので固定IPアドレスを取得してシステムにアクセスできる端末を限定します。

固定IPアドレスはプロバイダに申し込んで使用することになります。

固定IPアドレスについてはこちらの記事で詳しくご説明しています。
固定IPアドレスを持つメリット

【プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)】

会社でも自宅でも、1つのルーターで複数台のパソコンやスマートフォンを使用することは多いですよね。
この場合でも、グローバルIPアドレスは1つしかありません。

契約しているプロバイダから割り当てられたグローバルIPアドレスを使ってルーターが世界と通信しています。

一方、ルーター側が2台・3台と接続したパソコンや周辺機器を識別するのがプライベートIPアドレスになります。

プライベートIPアドレスはルーターとパソコン間、パソコンとパソコン間の通信を可能にする為のものです。

ルーターの外側がインターネットの世界、ルーターの内側がオフィスの中の独立したネットワークだと考えてみましょう。
この時にオフィスの中のネットワークにあるパソコンや機器に付与されているIPアドレスが「プライベートIPアドレス」という訳です。

【IPアドレスの枯渇問題】

インターネットが世界中に広がり生活の中で欠かせないものになるにつれて、インターネット機器が増え続けています。
グローバルIPアドレスは世界で同じものが無いため数に限りがあります。

IPアドレスにはバージョンがありこれまで一般的に使われてきたものがIPV4と言われるものです。
IPV4のアドレスは約43億個あり、それが全て割り当てられてもうすぐ無くなってしまう状況になっています。

興味のある方は参考にご覧ください。
Wikipedia IPアドレス枯渇問題

日本の携帯電話番号が090から割り当てられて090の番号が無くなって、080・070になっていった・・・という話と同様で、
IPV4からIPアドレスの別のバージョンであるIPV6に移行されつつあるのが現状です。

IPV4は32bitのIPアドレスを使うのに対してIPV6は128bitのIPアドレスを使います。
IPV4のアドレスは約43億個に対しIPV6の数は約340澗(かん)個という数です。

あまり馴染みのない単位なので桁数でいうと億が8桁で澗(かん)は36桁になります。

インターネット

ちなみに今みなさんが使っているご自身のグローバルIPアドレスはネットで調べることができます。
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

いかがでしたか?
今回はIPアドレスについてお話ししました。
IPアドレスの基本的な役割についてご理解いただけたのではないでしょうか。

IPアドレスの仕組みは複雑ですが、インターネットの基本的なサービスを成り立たせている最も重要な技術の一つがIPアドレスといっても過言ではありません。
インターネットが苦手な方でも初歩的な基礎知識を押さえて何かと役に立てて頂けると思います。

アスモチは、IPアドレスのご相談も含めて、大阪市中央区を中心として大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート・IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:0798-22-5062