パソコンの移行作業
解決事例(お客様の声)

ご相談内容

■ご相談内容
【その1】現在使っているWindows7のパソコンの調子が悪いので、パソコンを買い換えたい。
【その2】買い替え後、古いパソコンから新しいパソコンへデータの移行をして欲しい。
【その3】メール設定等のその他の環境の移行もして欲しい。

■解決結果
【その1】Windows7のサポート終了を見越してWindows10のパソコンであり、かつ、ご要望であるモバイルワークに適したパソコンを選定致しました。
【その2】スピーディーな処理が可能なハードディスクを抜き出す方法でデータ移行を実施しました。
【その3】メールの設定、電子認証のソフトの設定、及び複合機の設定を実施しました。

パソコンの選定

Windows7は2020年1月14日にマイクロソフトのサポートが終了するため、Windows10のパソコンをオススメしました。
Windows7をずっと使っていらっしゃったので少し心配されていましたが、Windows7サポート終了まで使い続けるより今の早い段階でWindows10へ移行するメリットの方が高い事をご説明し納得していただきました。
パソコンは持ち運ぶ機会も多いとのことでしたので、それを考慮したモバイル向きのノートパソコンを選定致しました。

データの移行作業

古いパソコンから移行したいデータをお聞きし、新しいパソコンへデータの移行を行いました。
古いパソコンからハードディスクを抜き出し、SATAの内蔵ハードディスクをUSB3.0のケーブルに変換する機械で直接新しいノートパソコンへデータの移行を行いました。

※古いパソコンからデータを移行する際は、一度外付けのハードディスクにデータを移した後に新しいパソコンに接続してデータを移行する方法もありますが、直接中身のハードディスクを取り出して変換ケーブルを繋いで新しいパソコンに接続しデータを移行する方が早く移行ができます。

メールの移行・その他ソフトの移行

新しいパソコンへデータ移行が完了後、それぞれメールの設定・送受信フォルダーの移行を行いました。
その他、データをコピーするだけでは環境の移行ができないソフトがあるため、それらのデータは古いパソコン上でデータのエクスポートを行い、新しいパソコンへデータのインポートを行いデータを移行しました。

複合機の設定に関してはWindows7とWindows10ではドライバやWindowsのバージョン違いがあるため、ドライバーのインストールから始めSMBスキャンの設定を行いました。

最後に、職業上必要なWindows10用の電子認証ソフトをインストールし設定を致しました。

サポート後の状況

Windows7からWindows10に環境が変わったため使い勝手が代わり最初は戸惑われたそうですが、Windows10の操作に慣れて来たとのことです。
前のパソコンが購入後5年経ち遅くなったり調子が悪かったりという状況だったため、新しいパソコンの快適さに大変満足されているとのことです。

費用

基本料金 3,000円
パソコンの初期設定 10,000円
ソフトのインストール(4本) 12,000円
メールアドレス設定(2アカウント) 6,000円
PC環境移行 20,000円
プリンター・スキャナードライバーのインストール 5,000円
合計:56,000円

なお、弊社料金体系は2018年8月1日で一部改定しております。

アンケート用紙
案件名 Windows7のパソコンからWindows10のパソコンへ移行
クライアント名 はね司法書士事務所
対応場所 大阪市内
実施日 2018年7月14日

最近の記事

お問い合せフォーム
TEL:0798-22-5062