IT用語集 アルファベット順 P
パソコンの苦手な方向けに、パソコン関係で頻繁に出てくるIT用語を簡単に解説します。

牽引

50音順

アルファベット音順

アルファベット順 P

  • PDF

    • PDF(Portable Document Format)とは、Adobe Acrobat(アドビアクロバット)のファイル形式のことを言い、使える環境が広く汎用性が高いため広く普及しています。

  • PIN(ピン)

    • PIN(ピン:Personal Identification Number/個人識別番号)とは、ユーザー認証に使用する暗証番号のことです。

      Windows10では、サインインの際にパスワードを使うかPINを使うかを選択できますが、最低4桁のPINでサインインすることが推奨されています。
      これは、Microsoftアカウントのパスワードでサインインするよりも安全だからです。

      Microsoftアカウントのパスワードが流出すると、パスワードを入手した人はどこからでもあなたのMicrosoftアカウントを使ったり、インターネットからパソコンを操作することができてしまいます。

      一方で、PINはパソコンのハードディスクのみに保存される暗証番号であり、そのパソコンでしか使えません。
      したがって、PINが流出したとしてもMicrosoftアカウントが乗っ取られるという重大な被害にはつながらないというわけです。

  • pixel(ピクセル)

    • pixelとは、パソコンなどのディスプレイの画面を構成する最小単位の点のことで画素とも言います。

  • PNG(ピング)

    • PNGとは、GIFの代替として開発された画像ファイルのことで、GIFよりも高圧縮率で画像劣化も少ないのが特徴です。

  • POP

    • POP( Post Office Protocol)とは、電子メールを受け取るときのプロトコル(通信規約)で、利用者が自分自身のPOPサーバーを設定しておくとインターネット接続時に自分宛てのメールを受け取ることができます。

  • POSシステム

    • 『POS』とは『Point of sales』の頭文字で、販売時点情報管理のことを言います。

      レジ打ちミスや不正の防止を目的として1970年代のアメリカで導入発展しましたが、現在ではスーパー・コンビニなどで在庫管理やマーケティングツールとして用いられています。

      POSシステムを導入すると、「いつ、どの店で、どの商品が、いくらで、どれだけ売れたか」という販売実績のデータ把握が可能となり、販売実績の動向が可視化できます。

      また蓄積されたPOSデータに、天候予測等の新しいデータを加えることにより、販売予測や仕入発注等に役立てることもなされています。

  • Power Point(パワーポイント)

    • Power Point(パワーポイント)とは、米国マイクロソフト社のプレゼンテーション用のソフトウェアです。

  • ppm

    • ppm(page per minute)とは、1分間にプリンターが出力できる枚数を表す単位のことを言います。