VPSの活用(WindowsServer編)

大阪・西宮・神戸のITトラブルサポート
アスモチのハカセです。

今回は「VPSの活用(WindowsServer編)」です。

VPSとはバーチャル・プライベート・サーバーの略で簡単にいうと仮想の専用サーバーです。
Windows Serverを利用できるVPSサービスを提供しているレンタルサーバー会社も増えており、手軽に使えるようになっています。

リモートワークにも役に立つVPSについて今回はご案内します。

レンタルサーバーとの契約

VPSを始めるにはレンタルサーバー会社と契約が必要です。
Windows ServerのVPSを提供している代表的なレンタルサーバー会社をご紹介します。

さくらのVPS for Windows Server

カゴヤジャパンVPS Windows Server

クラウドVPS by GMO

どのサービスも大体月額1,000円から始められます。
OfficeやMicrosoft SQLサーバーが簡単にインストールできます。

Windows Sever VPSの活用

VPSはWindows Severですが、WindowsにServerの機能を強化したもので普通のWindowsのように使うことができます。
また、インターネット上の仮想PCなのでインターネット環境があればどこからでも使用することができます。
システムの開発会社では仮想の開発環境として使うことが多いと思いますが、
ここではそれ以外の一般的な活用方法を記載します。

Office等インストールして普通のパソコンとして使用

VPSのWindows Severは先ほど書いた通り普通のWindowsと同じように使えます。
Windows10で使用できるソフトはほとんど支障が無く使えます。
ですので、OfficeをインストールしてExcelやWordを使用して通常の業務を行うことができます。

共有フォルダとして

ファイルを共有するために使用することもできます。
クラウド上のPCなのでインターネット環境さえあればどこからでも使用することができます。
ファイル共有のサービスは契約数が多くなるとコストも高くなるのでVPSでファイル共有する方が安く済む場合もあります。

共有フォルダの作り方や設定の仕方は普通のWindowsと変わりません。
ただし、インターネット上にあるのでセキュリティ対策はしっかりとする必要があります。

FilemakerServerとして

比較的簡単に業務に次ような情報をデータベース化できるFilemakerのサーバーとして使用することもできます。
さくらのVPSではサーバの管理者画面で簡単にインストールできるようになっています。

さくらのVPS for Windows Server

FXの運用

FXの自動売買ツールMT4(メタトレーダー4)をインストールして使用することもできます。
VPSで使用することで自分のパソコンで24時間動かす必要がなくなります。

お名前.comのVPSは最初からMT4が使えます。

お名前.com デスクトップクラウド

まとめ

VPSと聞くと敷居が高そうに思えるかもしれませんが、価格も下がってきていて簡単に使用することができます。
リモート環境で別のWindowsが使えるのでリモートワークで非常に便利に使うことができます。

レンタルサーバーによっては無料お試し期間がありますので一度使ってみてはいかがでしょうか。

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:06-6910-1666