ディスククリーンアップ

ディスククリーンアップとは、Windowsのパソコンのハードディスクから必要のないファイルの削除や圧縮を一括して行う機能のことです。

これにより、動作が遅くなったパソコンの回復を図ることができます。

パソコンのハードディスクには、ユーザーが作成した文書ファイルなどの他に、インターネットを見る時にブラウザの高速表示のために保存されたキャッシュ・ファイルや、作成途中の文書ファイルが自動保存された一時ファイル、ダウンロードしたプログラムファイルなどが意図せずに残っています。

これらをそのままにしておくとパソコンのハードディスクの容量を圧迫することになりますが、ディスククリーンアップによって不要なファイルの削除や古いファイルの圧縮などを行うことでハードディスクの使用可能な空き容量を増やし、パソコンの動作を良くすることができます。

ディスククリーンアップは、「マイコンピュータ」のフォルダで「Cドライブ」を右クリックして「プロパティ」を開くことによって実行することができます。

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:06-6910-1666