パソコンの初期化(リカバリー)の仕方とそのメリット

大阪・西宮・神戸のパソコントラブル等のITトラブルサポート
アスモチのハカセです。

今回は「パソコンの初期化(リカバリー)の仕方とそのメリット」についてお話しします。
パソコンの動作が重くなった場合やトラブルが発生した場合には「初期化(リカバリー)」を行う事で改善できる可能性があります。

この記事ではパソコンの初期化の方法や注意点を紹介していきます。

パソコンの初期化

【パソコンの初期化とメリット】

初期化(リカバリー)の意味

パソコンを購入した状態に戻す事を「初期化」もしくは「リカバリー」と言います。

厳格にいうと初期化は別の意味で使う場合もあるのですが、初心者の方向けの記事で多くの人が初期化=リカバリーと捉えているので、この記事では初期化=リカバリーとさせていただきます。

初期化(リカバリー)のメリット

長年パソコンを使っているとハードディスクに不要なデータや常駐ソフトが溜まって動作が遅くなったり、ウイルスなどの影響で不具合が発生する場合があります。
このようなパソコンの不調・不具合を改善したい場合に初期化(リカバリー)をすることで不要なデータやウイルスを消すことが出来ます。

また、パソコンを売却したり、他人に譲る場合、廃棄する場合にも重要な情報の流出を防ぐために初期化(リカバリー)を行います。

初期化(リカバリー)を行うとパソコン内のデータは全て削除されて購入時の状態まで戻ってしまいますので、重要なデータは事前にバックアップしておく必要があります。

パソコンの初期化(リカバリー)には様々な方法があります。

【リカバリー領域から初期化する方法】

多くのパソコンには「リカバリー領域」と呼ばれる、初期化(リカバリー)を行うための情報が書き込まれた領域があります。
このリカバリー領域を使うのが一般的なリカバリーの方法と考えていいでしょう。

ただし、リカバリー領域のあるハードディスク(記憶装置)そのものに不具合が発生している場合や、リカバリー領域を削除してしまっている場合は初期化(リカバリー)を行う事が出来ません。

Windows10であれば、スタートメニューの設定画面から「更新とセキュリティ」→「回復」を選択します。

「このPCを初期状態に戻す」の「開始する」をクリックして任意のオプションを選択しながら進めて行きましょう。
Windowsが正常に起動しないような場合でも、Windows10では2回連続で正常に起動できないと3回目に自動修復が表示されます。

パソコンによってはボタン1つでリカバリー用のソフトが立ち上がるものもあります。

 

【リカバリーディスクから初期化(リカバリー)】

リカバリーディスクを使って初期化することも出来ます。
パソコンを購入した時に付属している場合もありますが、自分で作成することも出来ます。

リカバリーディスクを作成しておけば、万が一上記のリカバリー領域を使った初期化が出来ないときにも安心です。

作成方法はメーカーやOSによって異なりますが、多くの場合リカバリーディスクを作成する為のツールが用意されている為、説明書を参照にして作成してみましょう。

【パソコンを初期化するにあたっての注意点】

パソコンの初期化(リカバリー)を行うにあたって、以下のような注意点があります。

・大切なデータはバックアップしておく

初期化する時のオプションで削除するファイルをある程度選択できる場合もありますが(残したいファイルを残せます)、万が一のために必ずデータのバックアップをしておきましょう。

・時間と電源は確保しておく

パソコンの初期化は時間がかかるものです。初期化に時間がかかるのはもちろんですが、バックアップデータを戻したり、パソコンを再設定するのにも時間が必要ですので、時間に余裕があるときに行うようにしましょう。
また、初期化の途中でバッテリーが切れてしまうと正常に処理されずにさらに悪化させてしまう恐れがありますので、必ず充電した状態か電源のケーブルを挿した状態で行うようにして下さい。

・初期化(リカバリー)で必ずパソコンの不具合が改善されるとは限らない

パソコン内部の部品(メモリー・マザーボード・ハードディスク)といったハードウェアの故障やCPUの異常などは初期化(リカバリー)をしても直すことは出来ません。

動作が遅いのも単純にパソコンのスペック(基本性能)の問題ということも十分にあり得ます。
この事を踏まえて初期化を行うようにしましょう。

・ネットバンクで電子証明書等を利用している場合は特に気を付ける

最近はネットバンクを使っている人も多いです。その際には、個々のパソコンに対して電子認証を取っていることが多いです。
そのような場合には、初期化(リカバリー)をする前に電子認証を無効化しておく必要があります。

もしそれをしていないと、改めて会社実印等の必要な書類を金融機関に提出する必要が出てくることが多いので、特に気を付けてください。

 

いかがでしたか?

今回はパソコンの初期化についてお話ししました。

初期化(リカバリー)は比較的簡単に不具合を改善できる方法ですが、初期化(リカバリー)した後で再設定に思いの外手間がかかってしまったり、予想外の事がおこったりする場合もあります。

初期化(リカバリー)はあくまで最後の手段としてとらえ、バックアップなど準備を万全にして行うようにしましょう。

アスモチは、パソコンの初期化(リカバリー)の対応を含めて、大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート・IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:0798-22-5062