パソコンの買い替え・引っ越し時のデータ移行

大阪・西宮・神戸のパソコントラブル等のITトラブルサポート
アスモチのハカセです。

今回は「パソコンの買い替え・引っ越し時のデータ移行」についてお話しします。
パソコンの入れ替えを実際にされたお客様の声はこちらです
パソコンの入れ替えと社内環境の改善を提案して欲しい
パソコンの入れ替え作業

数年に一度、パソコンを買い替え・引っ越しする事があると思いますが、買い替え・引っ越し時にしなくてはならないのがデータや設定の移行です。

新しいパソコンを設定するのは面倒に感じるかもしれませんが、ストレスなく新しいパソコンを使えるようにするためにも、この記事を参考にしてスムーズな移行を行ってくださいね。

パソコンの初期設定サポート

【OSの更新】

購入したパソコンのOS(オペレーティングシステム:パソコンやスマートフォンを動かすための基本となるソフトウェア)が最新のものとは限りません。古いバージョンだとセキュリティに欠陥がある場合があるため、OSを最新の状態にアップデートしておきましょう。

購入したパソコンの出荷時期にもよりますが、購入後最初の更新は2時間から3時間、場合によっては半日程度かかる場合があるので注意してください。
OSについてはこちらの記事でご説明しています
初心者向け!パソコンの仕組み

【セキュリティ対策ソフトのインストール】

パソコンを買い替えたら、データ移行などをする前にまずはセキュリティソフトをインストールしましょう。
無防備な状態でパソコンをインターネットに接続することはウィルス感染等のリスクが高く非常に危険です。

事前にセキュリティソフトを購入しておくか、少なくともWindowsには必ず入っている「WindowsDefender」を有効にしておきましょう(Windows8からは初期設定で有効になっています)。

【データの入れ替え・引越し】

古いパソコンにはドキュメント(エクセルやワード等のデータ)や写真、音楽等の大量のデータが保存されていると思いますが、必要なデータは新しいパソコンに移しましょう。

古いパソコンのデータを新しいパソコンに引き継ぎたい場合にはいくつか方法がありますので紹介します。

①外付けの記憶媒体を使用する

外付けハードディスクやUSBメモリ―などの記憶媒体を使用してデータを移行することが出来ます。
Windows7・Windows10ならば、「バックアップと復元」の機能でデータ移行が可能です。バックアップデータをハードディスクなどに保存して新しいパソコンで復元させます。

手間はかかりますが、主導で必要なデータを記憶媒体にコピーし新しいパソコンに移動させることも出来ます。
USBメモリーについてはこちらの記事で詳しくご説明しています
USBメモリー・SDカードって寿命はあるの?

②データ移行用のソフトを使用する

様々なデータ移行・バックアップのソフトが販売されていますので、それを利用することで簡単にデータ移行することが出来ます。

メーカーによってはパソコンに初めから搭載されている場合もあります。
多くの場合はメールやパソコンの設定、連絡先なども移行してくれます。
もしこのようなソフトがあれば大変便利ですので利用してみましょう。

③オンラインストレージを利用する

オンラインストレージについては、こちらの記事をご参照ください。
「クラウドサービス」でスマホとPCの情報を共有しよう!

オンラインストレージサービスを利用してデータ移行することも出来ます。
Windows10ならOneDriveが標準搭載されているので利用するのもいいでしょう。

オンラインにデータを保存しておくのはハードディスク等と違って物理的に故障する事もありませんので安全なバックアップを兼ねる事が出来ます。

【ソフトウェアのインストール】

古いパソコンで使用していたソフトウェアはハードディスクなどを使って移行することは出来ませんので、新しいパソコンで再インストールする必要があります。

ダウンロード版で購入したものなら、多くの場合は新しいパソコンで再度購入する必要なく無料でダウンロードすることが出来ますが、インストールするパソコンの台数が限られているソフトの場合は再び購入する必要があります。

ソフトウェアのインストールについてはこちらの記事で詳しくご説明しています
ソフトのインストール時の注意点

【メール・インターネットの設定】

データ移行の方法によってはメールの設定や連絡先、ブラウザ(インターネットを使うためのソフトウェア)のお気に入りも移行してくれますが、これらの設定はインポート・エクスポート機能(データを一括で取り込んだり吐き出したりする機能)がありますので、外部媒体を使って移行することが出来ます。

InternetExplorerからWindowsEdgeに変わる場合も、「他のブラウザからインポート」で移行させることが出来ます。

メールの仕組みやブラウザについてはこちらの記事をご参照ください。
メールが届く仕組み
ブラウザの種類

【周辺機器の設定】

プリンターやスキャナーなど普段使用するパソコン周辺機器のドライバー(周辺機器をパソコンで利用するためのソフトウェア)を新しいパソコンにインストールしておきましょう。

【リカバリーメディアの作成】

パソコンに不具合が発生した時に初期状態に、戻すリカバリーメディアを作成しておきます。
パソコン内にも搭載されていますが、そこに不具合が発生した時には使えませんので、万が一に備えて購入時に作成しておきましょう。

【パスワードは移行できない】

ドロップボックスやOneDrive等のWebサービスや、FacebookやTwitter等のSNSにログインするためのパスワードは移行することが出来ません。
今までブラウザに記憶させていた場合も再入力する必要がありますので気を付けて下さい。

いかがでしたか?
今回はパソコンを買い替え・引っ越しした時のデータ移行についてお話ししました。

パソコンの買い替え・引っ越しはそれほど頻繁に行うものではないので、便利なツールの使用や、セキュリティ対策などデータ移行以外にすべきことを見落としてしまいがちです。

パソコンの買い替え・引っ越しをした時はこの記事を参考にして進めて見て下さいね。
Windows7のサポート期限が切れるのに対応したパソコンの入れ替え・引っ越しのお得なプランをご用意しています

アスモチは、パソコンの引っ越しを含めて、大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート・IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:0798-22-5062