Office Onlineとパッケージ版のOfficeの違いは?

大阪・西宮・神戸のパソコントラブル等のITトラブルサポート
アスモチのニッシャーです。

今回は「Office Online」についてお話しします。
日本でもっとも普及しているビジネス用ソフトと言えばMicrosoft Officeでしょう。

WordやExcel、PowerPointを普段の仕事の文章作成や表作成、プレゼンテーションなどで使っている方も多いと思いますが、
皆さんは「Office Online」というサービスをご存じでしょうか?

この記事ではOffice Onlineのメリットやパッケージ版との違いを紹介していきたいと思います。

Laptopで資料作成

【Office Onlineとは?】

Office OnlineはWebブラウザ上で利用できるOfficeです。
使用可能なアプリケーションはWord、Excel、PowerPointです。

パソコン用のOfficeソフトに比べると使える機能が制限されていますが、基本的な編集作業は十分可能です。

【Office Onlineのメリット】

・無料で利用できる。

Microsoftアカウントさえあれば、無料で使用できます。
通常Officeソフトは購入すると数万円します。
自宅で使うなどそれほど高度な機能が必要ではないのであれば、無理して購入しなくても無料のOnline版で十分という場合もあるかもしれません。

・OSを問わずに利用できる

Office OnlineはWebブラウザ上で使用するため、AndroidやiOSのスマホやタブレット、Macのパソコンなど、どのOSでも使うことが出来ます。

外出先でパソコンがなくてもタブレットなどで作業することができますし、Officeが使えないという理由でWindowsを使用している方でもMacを選択肢に入れる事が出来ますね。

・リアルタイムで共同編集が出来る

作成したファイルはマイクロソフトのオンラインストレージであるOneDriveに保存されます。OneDriveは無料で5GBまで利用することが出来ますし、オンラインストレージならではの複数人での共同編集も可能です。

パソコンのパッケージ版ではファイルの共有は出来てもリアルタイムでの共同編集は出来ませんので大きなメリットと言えるでしょう。

【Office Onlineでは出来ない事】

Office Onlineは無料で使える分、通常のOfficeに比べて使える機能が限定されています。

それは例えば
・Wordは表や画像の挿入は出来てもデザインの設定が出来ない。
・Excelではマクロ機能や、画像、図形の挿入、表示などが出来ない。
・PowerPointのアニメーション設定やスライドの切り替えが一部の機能に限られている。

などが挙げられます。

また、Webブラウザ上で作業することになりますのでネット環境が良くない場所やネット障害があった場合には使用できないというデメリットもあります。

保存もオンラインストレージになりますので、セキュリティを気にする場合は使いづらいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?

今回はOffice Onlineについてお話ししました。

決して安くないOfficeソフトを無料で利用できるOffice Onlineは複雑な作業などには向いていないかもしれません。
しかし、個人用のパソコンでたまにOfficeが必要な場合や、パッケージ版のソフトと連携することで使用用途が広がることは間違いありません。

有料のパッケージ版を使っている人も一度試してみるといいかもしれませんね。

アスモチは大阪市中央区を中心とした大阪・西宮・神戸の中小企業様向けにパソコン・ソフトウェア・ネットワーク等のITトラブルサポート・IT全般の問題解決サポートを行っています。

お気軽にご相談ください。

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:06-6910-1666