弥生会計用の仕訳をエクセルで自動で作って楽しましょう

こんにちわ。大阪市中央区のアスモチ大阪オフィスからコッティーがお伝えします。

今回は、いよいよ弥生会計に取り込む仕訳をエクセルで自動で作ってみます。

弥生会計にエクセルで自動取り込み

前回作った三井住友銀行の通帳CSVデータからの自動作成の勘定科目です。

H列に、手入力で内容を追記しています。

この右のI列以降に仕訳データを作っていきます。

弥生会計に自動でエクセルで仕訳データ作成

順番に説明していきます。
今回使っている関数に関してはこちらをご参照ください

日付

単純にA列を参照します。M2セルには、「=A2」と入力します。

勘定科目(借方)

N2セルには、「=IF(B2>0,F2,”普通預金”)」と入力します。

引き出し金額であるB2セルがゼロを超えるなら、F2で設定した勘定科目を、そうでなければ「普通預金」を勘定科目とするということです。
言い換えれば、出金ならばF2の勘定科目、入金なら「普通預金」ということです。

弥生会計に自動でエクセル仕訳作成

消費税の課税非課税判定

Q2セルに、下記のように入力します。

「=IF(OR(N2=”普通預金”,N2=”売掛金”,N2=”仮払金”),”対象外”,”課税仕入8%”))」

普通預金、売掛金、仮払金なら「対象外」に、そうでなければ「課税仕入8%」にしています。

借方金額

R2セルに、「=IF(B2>0,B2,C2)」と入力します。

出金欄であるB2セルがゼロを超えるならB2セルの金額、そうでないなら入金欄であるC2セルの金額が出力されます。

弥生会計に自動でエクセル

消費税(借方)

S列のセルには、「=IF(Q2=”対象外”,””,ROUNDDOWN(R2/108*8,0))」のように入力します。

課税判定のQ列が対象外なら、なにもなし、そうでなければ8%税額切り捨て計算でを出力します。

借方科目(貸方)

T2セルには、「=IF(N2=”普通預金”,F2,”普通預金”)」と入力します。

借方科目であるN2が「普通預金」なら、F2の設定科目で、そうでなければ「普通預金」で出力します。

W列の課税判定は、Q列と同様です。

弥生会計に自動でエクセル

貸方金額

X2セルには、「=R2」と入力します。借方金額を引っ張ってきます。

摘要

Z2セルには、「=CONCATENATE(D2,”/”,H2,)」と入力します。

銀行のCSVデータに記載の「お取り扱い内容」と、手入力した内容説明を結合しています。

仕訳の最初のJ列の「2000」、AC列の「0」やその横の「no」は弥生会計の仕訳の入力コードです。
すべてこの通りにして頂ければ問題ありません。

これを一度設定すれば、新しい取引があればその都度関数に追加してメンテナンスをすれば、原則として銀行のcsvデータを貼り付けるだけで仕訳データを作成することができます。

あとはこれを弥生会計に取り込めば仕訳入力が完成します。

クラウド会計と同様のことをエクセルでしているのです。

アスモチは、会計事務所様や経理のかたのサポートを含めて、大阪市中央区を中心とした大阪・西宮・神戸の事業者様のパソコントラブル等のIT全般のサポートを行っています。

お気軽にお声がけください。

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:0798-22-5062