テレワークを実施する場合の注意点【スタッフの心理面のフォロー等】

テレワークを実施する場合には、
下記の点を留意する必要があります。
・勤怠管理
・身体的な健康管理
・精神的な健康管理
・情報セキュリティ

また、組織の一員として働く目的を明確化することも、
出社しての勤務形態に比してより強く求められます。

その際には、
会社の自己信条(クリード)や経営理念をメンバーで作成し共有することが有用である場合が多いです。

アスモチ・グループの自己信条(クリード)です

 

最後に、下記は弊社アスモチ(株)のテレワークを実施の際のルールです。

ご参考になれば幸いです。

--------------------------------------------------------------

(2020年3月4日追記)
代表であるわたし自身が初めて本日一日在宅ワーク実施して下記を痛感しました。
・身体がなまる。
・精神的にもスッキリしない

下記が必須と考えます。
・ラインや電話による緊密なコミュニケーション
・散歩やランニングや腕立て伏せなどの運動
・換気、ベランダに出る、散歩、カフェ滞在などの外部環境との接触

--------------------------------------------------------------

【テレワーク実施時のルールや留意事項】 

Ⅰ.下記の時には、グループ・ラインで挨拶をしてください。

(1)朝の業務開始時
(2)お昼休憩に入る時
(3)お昼休憩を終わった時
(4)業務終了時

Ⅱ.働く場所について

(1)できるだけ限定してください。
・自室などがお勧め
・リビングなどの他の家族と接触する場所はお勧めでない

(2)下記の場所でも良いです。
・近隣のローカルカフェなど(カフェ代金は会社で支払います)
・公園など

Ⅲ.働く時間について

・深夜は禁止します
・ある程度柔軟で構いません

Ⅳ.働く服装について

・出社する時と同様のドレスコードの服装にしてください。

Ⅴ.休憩について

・40分集中して業務実施、10分休憩、10分雑用(メールや電話や予約など)を心がけてください。
・お昼に15分程度を限度とした昼寝も良いです。生産性が上がると言われています。

Ⅵ.運動や外出について

・休憩時間も含め、こまめに散歩や腕立て伏せなどの運動を積極的にしてください。
・人がたくさん集まる室内には長時間滞在しないこと。
・ランチを外で取るのも良いと思いますよ。カフェや公園など。

Ⅶ.日報を必ず書いてください

・何をしたが具体的にわかるように

(日報は、縦軸は年月日、横軸は15分ごとの時間マスになっているエクセルです)

Ⅷ.コミュニケーションについて

・休憩時に、チャットや電話で無駄話を積極的にしてください。
・管理者は、一日数回電話をして、無駄話と業務の話、不安などについて聴いたり話したりしてください。
・無駄話リーダーを輪番で回してください。朝イチ、昼イチ、15時に各5分程度の無駄話ネタを披露してください。

Ⅸ.情報セキュリティについて

カフェなどの外部で仕事をする場合には、情報漏洩に注意してください。
・オープンなWi-Fiは使わない
・背後や横からPCの画面を観られる位置に座らない。
・離席する場合には、PCを携帯する。

Ⅹ.ポジティブ・シンキング

通勤時間がなくなり、時間的余裕ができます。 下記を心がけてください。
・家族や友人などとの有意義な時間を楽しむ
・読書や趣味を楽しむ
・家や近所でできる新たな楽しみを見つける(神社や公園や裏路地などの日ごろ行かないところへの探索など)

 

最近の解決事例(お客様の声)

お問い合せフォーム
TEL:06-6910-1666